カラダノコエらいふ

からだの声とリーディングと天然石のはなし

トライゴーニックの真理

最近は、楽な道ほど罠だらけということを理解してきましたので、

こんな石を持っていたほうが結局は短距離に物事を処理できるのではないかと感じ入るこのごろ。
 
なぜなら「ラク」を選んで地獄を見ているからね、ワタクシ・・・
敢えて試練的なことを選んだほうが結果的にはよいのかもですよ。
 
【人生に真剣に向き合っているといえる石】
 
リーディングしていくと、よじ登るロープがあります。遙か遠い出口ですが、そこを登らないと上に出る事は出来ない。弱音を吐いて降りてしまおうと下を見るととても降りれない距離まで登ってきてしまった。しかし、上も遙かに遠い。

中途半端な気持ちの怖さを教えてくれます。安易な気持ちで始めていくと途中で引き返せなくなる。恐怖と孤独とで落ちてしまいそうになる。人に流されて生きてしまう人の姿です。
浮かれているのではなくて、グッと自分を冷静に持っていく力がありそうです。
 
 
 
【変化を恐れてたら何もできない(真理)】

リーディングしていくと、浸食している部分がかなり強調してきます。その隙間はずれていると感じてきます。まるでズレ断層のようにです。大きな変化を現しているようです。安全な人生は確かに変化が無いことなのかもしれません。飛躍も成功も変化の中に入り込もうとしないと見つからないもののような気がします。
 
 
 
やっぱりトライゴーニックの入っている石って何か違うんですよね。
実際に神のエネルギーが入っていることがありますし。
 
今の私なら所持したいですね。